手足口病・ヘルパンギーナについて

手足口病・ヘルパンギーナの原因と症状

手足口病の病原体は主としてコクサッキーウイルスA16型とエンテロウイルス71型、その他コクサッキーA6、A10型などで、ヘルパンギーナの病原体は主としてコクサッキーA型ウイルスです。
いずれも潜伏期間は3-6日で、流行のピークは夏です。ともに発熱、のどの痛み、水疱が見られるので混同しがちですが、手足口病は38℃程度までしか上がらないのに対し、ヘルパンギーナは突然の38~40℃の発熱が1~3日続きます。また、手足口病の水疱は手・足など体中にもできるのに対し、ヘルパンギーナはのどや上あごにかけて小さな水疱や潰瘍ができます。感染経路は飛沫感染、接触感染、経口感染です。

ともに乳幼児の発症がほとんどを占める

感染症発生動向調査によると、例年、手足口病の報告数の90%前後を5歳以下の乳幼児が占めています。また、ヘルパンギーナは4歳以下がほとんどで、1歳代が最も多く、ついで2、3、4歳の順となります。そのため、保育施設や幼稚園などでは集団感染が起こりやすく、注意が必要です。大人も感染することがあります。

手洗いの徹底と排泄物の処理が予防のポイント

ともに有効なワクチンはなく、発病を予防できる薬もありません。また、症状が治まった後も長期間にわたってウイルスが便から排出されることがあるため、予防には手洗いやうがい、排泄物の適切な処理を行うことが大切です。

出典:学校、幼稚園、手足口病に関するQ&A(厚生労働省)、感染症法に基づく医師及び獣医師の届出について「ヘルパンギーナ」、国立感染症研究所「感染症の話 ヘルパンギーナ」

文責:からだにいいこと