インフルエンザってどんな病気?

インフルエンザの原因と症状についてご紹介します。

インフルエンザの原因と症状

風邪はいろいろなウイルスによって引き起こされ、多くの場合、症状はのどの痛み、鼻水、くしゃみ、咳など局所に限られます。一方インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気で、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身の倦怠感といった全身症状が突然現れます。あわせて、のどの痛み、鼻水、咳といった普通の風邪と同じような症状も見られます。

インフルエンザの流行は12月~3月

日本では毎年、12月~3月ごろに流行し、毎年1千万人以上、約10人に1人が感染します。ちなみに冬に流行しやすいのは、空気が乾燥してウイルスを含んだ飛沫が遠くまで飛びやすいこと、鼻やのどの表面が冷気にさらされて、インフルエンザが増殖しやすい約33℃前後になること、日照時間が短いため抗ウイルス作用を導く働きのあるビタミンDの合成が減ることなど、感染が拡大しやすい条件が揃っているからと考えられます。

インフルエンザは重症化しやすい

インフルエンザは重症化することがあるので注意が必要です。お子さんではまれに急性脳症を、高齢者の方や免疫力が低下している方では肺炎を伴うことがあります。また、妊婦さん、喘息や慢性呼吸器疾患(COPD)、慢性心疾患、糖尿病などの持病のある方も注意が必要です。下記のような重症化のサインがみられたら、すぐに医療機関を受診しましょう。持病のある方は主治医に相談してください。

こんなサインに気を付けて

お子さんでは
  • けいれんしたり呼びかけにこたえない
  • 呼吸が速い、苦しそう
  • 顔色が悪い(青白)
  • 嘔吐や下痢が続いている
  • 症状が長引いて悪化してきた
大人では
  • 呼吸困難、または息切れがある
  • 胸の痛みが続いている
  • 嘔吐や下痢が続いている
  • 症状が長引いて悪化してきた

出典:インフルエンザ一問一答(厚生労働省健康局 結核感染症課)、インフルエンザQ&A(厚生労働省)、 【2013年版】Etak情報BOOK

文責:からだにいいこと