インフルエンザにかかったら

インフルエンザにかかったら、早く治すことはもちろんですが、人にうつさないことも大切です。インフルエンザの対処法をご紹介します。

医療機関の受診は早めに

38℃以上の急な発熱、咳やのどの痛み、全身の倦怠感がある場合は、内科・小児科を早めに受診しましょう。受診の際は、周りの人にうつさないよう、不織布のマスクの着用が望まれます。
なお、インフルエンザの治療薬は、発症から48時間以内に服用を開始すれば、発熱期間が通常1~2日短縮され、鼻やのどからのウイルス排出量も減らすことができますが、48時間以降に服用を開始した場合は十分な効果は期待できないといわれています。医師の判断により、薬が処方されない場合もあります。

十分な睡眠と水分補給

インフルエンザにかかったら、安静にしてゆっくり休みましょう。特に睡眠をたっぷりとることが大切です。また、発熱によっていつもより多くの水分が失われるため、脱水症状の予防のためにもこまめに水分を補給しましょう。

咳やくしゃみのある場合はマスクをする

インフルエンザは飛沫感染するため、咳やくしゃみのある場合や、人と話したりする場合は、不織布製マスクを着用しましょう。
インフルエンザにかかった人がマスクをする方が、かかっていない人がマスクをするより、感染予防効果が高いことがわかっています。

熱が下がっても2日ほどは自宅療養を

インフルエンザ発症前日から発症後3~7日間は、鼻やのどからウイルスを排出するといわれています。
排出するウイルスの量は熱が下がると減りますが、解熱後もウイルスを排出するため、人にうつす可能性があります。熱が下がった後2日ほどは自宅療養し、外出を控えるようにしましょう。

子どもは1人にしない

抗インフルエンザウイルス薬服用後の子どもの転落死が報告されていますが、インフルエンザにかかった子どもには、医薬品を何も服用していない場合でも、急に走り出す、部屋から飛び出そうとする、窓を開けてベランダに出ようとするなどの異常行動が表れることが報告されています。
少なくともインフルエンザ発症から2日間は、子どもが1人にならないように配慮しましょう。

出典:インフルエンザ一問一答(厚生労働省健康局 結核感染症課)、インフルエンザQ&A(厚生労働省)

文責:からだにいいこと