ノロウイルス感染症を予防するには

ノロウイルスによる感染症の予防方法をご紹介します。

ノロウイルスにはワクチンがない

ノロウイルスのワクチンはありません。
また、治療法としても特効薬はなく、吐き気止めや整腸剤などを使用する対症療法に限られています。
そのため、予防対策の徹底によって感染を防止することが重要です。

①食事の前やトイレの後には必ず手を洗う

石鹸による手洗いは、手の脂肪などの汚れを落とすことにより、付着しているノロウイルスを手指からはがれやすくする効果があると考えられます。調理を行う前、食事の前、トイレに行った後には必ず手を洗いましょう。
また、爪を短く切っておくことも大切です。なおアルコールは、ノロウイルスの不活化にはあまり効果がないといわれており、手洗いがすぐできない場合などにあくまで補助的に用います。

正しい手洗いの方法

  1. 指輪などは外しておく。流水で手を洗う
  2. 石鹸を十分泡立て、次の手順で洗う
    1. 1. 手のひら・指の腹
    2. 2. 手の甲・指の背
    3. 3. 指の間・付け根
    4. 4. 親指と親指の付け根のふくらんだ部分
    5. 5. 指先
    6. 6. 手首(内側・側面・外側)
  3. 温水による流水で十分にすすぐ
  4. 清潔なタオルまたはペーパータオルで手をふく
図版出典:感染性胃腸炎(特にノロウイルスについて)手洗いの手順リーフレット(厚生労働省)

②食品は85℃以上で1分間以上加熱調理し、調理器具は洗浄・殺菌

一般的にウイルスは加熱すると感染性を失うので、ノロウイルスの場合も85℃以上で1分間の加熱を行うことが望ましいとされています。
加熱が必要な食品を子どもやお年寄りなど抵抗力の弱い人が食べる場合は、しっかり中まで加熱しましょう。特に牡蠣などの二枚貝はノロウイルスに汚染されていることがあるので、85~90℃で90秒以上加熱することが必要です。
また、まな板、包丁、へら、食器、ふきん、タオル等も、使用後は洗浄・殺菌しましょう。調理器具の殺菌は、85℃以上の熱湯で1分以上の加熱または、次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤が有効です。

出典:ノロウイルスに関するQ&A(厚生労働省)、感染性胃腸炎(特にノロウイルスについて)手洗いの手順リーフレット(厚生労働省)、国立感染研究所感染症情報センター「ノロウイルス感染症」、 2012年改訂版 保育所における感染症対策ガイドライン(厚生労働省)

文責:からだにいいこと